男性

認知症を予防できる術を伝授|全ては生活サイクルが鍵を握る

血圧を下げる

錠剤

高血圧になると、動脈硬化や脳卒中などの病気を招く可能性があるので放置してはいけません。野菜中心の食事やサプリを利用して、少しでも早く血圧を正常の値まで下げるように努力しましょう。ストレスをためない程度に、意識して続けることが大切です。

もっと読む

元気の源になる

サプリメント

すっぽんもろみはすっぽんに含まれているアミノ酸が最大のポイントです。黒酢の含有量と比べると、なんと300倍にもなる圧倒的な力をみせています。サプリメントにするには、粉末状に加工して錠剤の中へと詰めているようです。

もっと読む

3つの柱

サプリメント

生活習慣改善

厚生労働省の発表によりますと、2012年における認知症患者数は、462万人とされています。そして、2025年には1700万人にまで増えると推計されており、これは2012年の約1.5倍にものぼります。この数値からもわかるように、認知症の予防を行うことが、今後国策の中でも重要なポジションとなることは言うまでもありません。認知症に関する研究が進んでいますが、現段階で行える最重要の予防策は、生活習慣をしっかりすることです。特に、ストレスを抱えないこと、十分な睡眠と適度な運動、そして食生活は心がけましょう。食生活面では、アルコール、甘いもの、脂っこいものの摂取を避けることが重要とされています。例えば、認知症予防に良いとされるサプリメントをとったとしても、安心できるものではありません。土台となる生活習慣があってこその効果という点は、しっかり自覚しておきましょう。

DHAの効果

細胞を柔軟にしたり、血管をしなやかにする働きをもつ、オメガ3脂肪酸。その中でも、脳内に入ることができるDHAは、脳の環境を整える働きを持ちます。DHAは、脳内の情報伝達を担う、シナプスという神経細胞を柔軟にする作用を備えています。この働きによって、ものごとを認知する機能が向上するのです。また、加齢とともに脳は萎縮しますが、DHAなどのサプリメントを使用すれば、これが軽減されるとの統計もあります。このように、DHAなど成分は、認知症予防の効果が期待され、今後より深い研究が行われていくことでしょう。現段階で、最善の予防策は、生活習慣を整え、脳を活用し、そのうえでDHAなどを積極的に摂取することと言えます。全ては生活サイクルが鍵を握っているのです。

フラフラしたら危険です

サプリ

ホットフラッシュなどの更年期障害のつらい症状は、漢方で癒すことをおすすめします。産婦人科のなかには、漢方薬を処方している医師もいるので、安心して摂取してみましょう。また、生活のなかで漢方を取り入れることで、継続的に飲むことができます。

もっと読む