シニア夫婦

認知症を予防できる術を伝授|全ては生活サイクルが鍵を握る

フラフラしたら危険です

サプリ

放っておくと悪化します

立ちくらみ・めまい・疲れやすいなど、ただ疲れが溜まっているだけと勘違いしていたら大変なことになります。もしかしたらその症状は、貧血かも知れません。成人女性の5人に1人がなっていると言われる貧血。最初は大した症状が出なくても、放っておくと様々な症状が出てきます。女性にとって避けたい不妊症も、貧血が原因で発症してしまうかも知れないのです。現在、不妊治療を受けている90%の女性が貧血だと言われています。それぐらい深刻な問題なのです。また、女性だけでなく男性も貧血は放っておいてはいけません。最悪の場合がんになり、死に至る場合もあるのです。少しでも貧血の心当たりのある方は、一度医師に相談していただくことをおすすめしたいです。

普段から対策して健康に

貧血の対策として、鉄分をとるのは常識です。しかし、鉄分をたくさん摂取しても貧血が改善されるわけではないのです。鉄分は吸収率が悪く、摂取したおよそ10分の1しか体に吸収されないと言われています。それではなかなか栄養補給が難しいです。それで今回は、鉄分の吸収率が上がる方法をご紹介します。それは、鉄分と相性がいい栄養と一緒に摂取する方法です。具体的にいうと、トマトやレモンなどに含まれるビタミンCや、レバーやまぐろなどあるタンパク質、ほうれん草やブロッコリーなどに入っている葉酸、などが挙げられます。反対に、紅茶やコーヒーに含まれるタンニンや、玄米に入っているフィチン酸は鉄分と相性が悪く、吸収の妨げになりますので注意が必要です。